深刻な干ばつ

秋取りインゲンU.jpg2012年8月29日 13:54

 今、米国では56年ぶりの深刻な干ばつだそうです。5月上旬以降雨らしい雨が全く無く大豆・トウモロコシなどの穀物値が急騰しています。

先週にはついに市場最高値が付いたそうです。当然その影響が輸入牛肉などに波及してくるでしょう。

 我が玉川村も同様、「雨の恵み」がありません。右写真はお袋が植えた【秋取りインゲン】です。下葉が枯れて溶けてなくなりそうです。これでは実を付けることも難しいでしょう。父の介護をしながらも合間を見つけ野菜を作り出荷しています。それが母の楽しみなのです。

もうすぐ9月とは言え昨日の福島市と会津若松市の温度は35.6℃越えの猛暑日、この地域でも34℃。暑さは気力で我慢できますが百姓にとって雨が無いのは本当に効きます。8月の降雨量は平均値のわずか8%の12ミリ。お隣の石川町が7%の10.5ミリで県内でもワースト一位二位を争っています。

近隣市町村には雨が降っているのに当村上空だけを雨雲が避けて通ります。あ~ うらめしや!これも天災だ。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14523622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る