さようなら築百年の土蔵(DOZOU)

土蔵取り壊しU.jpg2012年1月25日 21:06

 本日、近くの建設関係業者に土蔵の解体・撤去を依頼してきました。そして業者の社長に現場(自宅)を見に来てもらいました。

この時点で「土蔵の取り壊し」の契約が成立しました。お袋にも立ち会ってもらいましたが、「築100年目の土蔵が私の代で取り壊すことになるとは残念・・・」とお袋の無念の弁。

私は土蔵の価値をあまり知りませんが、お袋が生きた保冷設備の無かった時代は貯蔵庫として大事な役目を果たしていたのでしょう。愛着の重みがぜんぜん違うことを感じました。

忘れもしない3.11、【憎き東日本大震災】、工事が始まりましたらまたご報告いたします。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14246400
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る