特別栽培米

危険マーク.jpg

自分の健康も守れなくて、どうして消費者の健康を守れますか?なによりもまず、自分の体のことを考えんですか。

 ↑ 上記の文句は福岡県;宇根豊先生著書【減農薬のイネつくり】の一文です。

 

特別栽培米とは何ぞや!

 特別栽培米.jpg林水産省が定めた【特別栽培農産物に係る表示ガイドライン(平成19年3月23日改正)】に沿って栽培されたお米を指します。

●特別栽培米の定義は2つ

1,当該農産物の生産過程等における節減対象農薬の使用回数が、慣行レベルの5割以下であること。

2,当該農産物の生産過程等において使用される化学肥料の窒素成分量が、慣行レベルの5割以下であること。

●ちなみに当農園は【福島県中通り】に位置します。

・「福島県中通り」の慣行栽培レベルの農薬使用回数(成分)は17回

・「福島県中通り」の化学肥料-窒素成分量は6kg

となっています。

●よって農薬使用回数(成分)を50%減8回以下、化学窒素量を3kg以下とすることが条件となります。

 

■エコファーマー

●エコファーマーとは  

 「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき、都道府県知事から、たい肥等による土づくりと化学肥料や化学合成農薬の使用の低減を一体的に行う農業生産方式を導入する計画について認定を受けた農業者の愛称(農林水産省:農林水産関係用語集から抜粋)。

●当農園はエコファーマー認定を県知事より2011年7月に受けました。

エコファーマーマーク.jpg

●ふくしま県エコファーマーマーク 

 このたび、廃止となっていましたエコファーマーマークを福島県が独自に作成することとなりました。

 これは、東日本大震災及び東京電力原発事故で多大な打撃をうけた「環境と共生する農業」の再生を促す目的で作成されました。


県知事より2013,9,20に当該マークの使用認可を戴きました。 認可番号; 第25-1012号


FARM巌峯寺の  エコファーマー認定書はこちら

 

 

農林水産省特別栽培に関するホームページ

福島県が定めた化学合成農薬・化学肥料の比較の基準はこちら

▲このページのトップに戻る