台風19号の被害ありません。

2019,10,13 19:32

 台風一過の今朝は一番で田んぼの見廻りに行ってきました。強風で滅茶滅茶に倒されていると思っていましたが・・・拍子抜け!? 見事に凛と立っていました。

田んぼ内の水量も少ないようです、降雨量が少なかったのか?それとも溝切りの効果か?

いずれにしても一安心です。ですが裏返せば倒れるほどの重い穂も着けていないとも言えます。

※一部の水田を朝方撮影しました。

                 フォトはクリックで拡大 

 道地区  柳作地区  上代地区  高野地区
2019道地区水田.jpg 2019柳作地区水田.jpg 2019上代地区水田.jpg 2019高野地区水田.jpg

 当農園は標高の高いところにありますが、隣の阿武隈川に隣接する集落が浸水被害にあいました。下記左側の写真を見てもらえば理解できると思います。

今回は堤防決壊ではなく、堤防を越えて水が流入したことに地区民は「初めてだ!」と驚いていました。

それだけ台風19号による降雨量が阿武隈川周辺上下流であったと言えます。

また、玉川村下流の須賀川市野関地区や江持地区の惨状は本当に気の毒の一語です。

 なぜこの3地区に行って撮影したか?それはすべてに親戚があるからです。農業機械の水没や農業ハウスの倒壊などの被害にあっており、手伝いをしたくとも水が引けないことで今日は何もできません。とりあえずは明日以降ということで自宅へ引き上げてきました。

ここのところ、日本中でこの様な自然災害が度々起こるようですが、この先まともな農業が出来るのだろうか?不安ばかりがつのるのです

観音山から撮影 玉川村竜崎地区 須賀川市市野関地区 須賀川市江持地区
阿武川氾濫U.jpg
線路水没.jpg 須賀川市市野関地区.jpg 須賀川市江持地区.jpg


▲このページのトップに戻る