穂が出てきました

2019穂ばらみ期.jpg2019,08,07 18:20  フォトはクリックで拡大


 今日も35℃超えで本当に暑かったです。作業ズボンが汗で張り付いて気持ちが悪く、そして嫌な予感はしていましたが・・・無理して座ったら「ブリブリブリ」とイってしまいました。

パンツまで破けたわけでもなく、まして田園地帯には全く人が居ませんから平気であり気にもなりません。歳をとると羞恥心も無くなるようです。

 そんなことより本日の報告事項は小生水田のイネに穂が出てきたことです。それもすごく長い穂です。6月7月と雨続き、さらには日照不足で分げつや生育を心配したものです。

まして殺菌・殺虫剤など使用していませんので「イモチ病」の発生も頭をよぎりました。8月に入り好天が続いてとりあえずは安堵していたところです。

しかしながら連日の35℃超えに、今は「高温障害」を気にしている自分が居ます。どっちに転んでもこの異常気象には心配が絶えないようです。

 そのような中での「穂ばらみ期の1穂」には「こんなにいっぱいの粒数を付けてよく頑張った!」と褒めてやりたい衝動にかられました。

 これから登熟期の2か月はカメムシにかじられない様に畦畔の雑草をきれいに刈り込んでおくよう致します。ですから頑張ってください。明日は特別農産物第2回現地監査の日、小生も頑張ります。


▲このページのトップに戻る