ふくしまオーガニックフェスタ2013

2013年11月23日(土) 19:06             フォトはクリックで拡大 ↓

郡山ビックパレットにて
ブース風景 中村和夫氏と 稲葉先生発見
オーガニックフェスタ2013.jpg オーガニックフェスタ2013-U.jpg オーガニックフェスタ2013-V.jpg オーガニックフェスタ2013-W.jpg

 本日、友人と郡山市ビックパレットで開催された【ふくしまオーガニックフェスタ2013】に行ってきました。

イベントでは放射能と暮らしを考えるシンポジウムのほか、有機農産物の販売、本県の食材を使った料理の提供などがありました。

このイベントの開催はNPO民間稲作研究所代表の稲葉先生より、事前通知をもらったことで知っていました。ほんの少し期待はしていましたが、まさかこの場所にあの忙しい稲葉先生が来られているとはビックリ。私は教え子ですから当然のことご挨拶をさせていただきました。ご健勝で日本中を駆け巡っているお姿に活力をもらいました。

福島県を代表する有機農業実践者の「中村和夫氏」「長谷川浩氏」また、秀明自然農法ネットワークの小豆畑氏などとも会話する機会を得ることが出来ました。

お米農家中村和夫氏の弁;「震災・原発事故の年は半分のお客様が去っていきました。今は耐える時です。少しづつだがいろいろな方の紹介でどうにかさばけています。やはり人脈は大切だと思いました・・・」

自宅に帰ってきたいまでも中村氏の言葉が残っています。自らを顧みて「このまま一匹狼でいいのだろうか?」

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14979572
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る