父の新盆供養と盆踊り大会

父の新盆供養.jpg2013年8月16日 18:02              フォトはクリックで拡大→

 父の新盆供養を8月13日に行いました。当部落においての一大イベントで、葬式より大変な儀式です。葬式は葬祭場を借りて近所の方々や業者スタッフ等のお手伝い・応援を受けることが出来ます。しかし、この新盆供養は自宅で身内で切り盛り致します。

集計したら焼香客が160名。 本当に恐ろしい「しきたり」が残っているのです。

そして今後、当部落でどのようにこの儀式を簡素化していくか?が毎年、あちらこちらでお盆の話題となるのです。

ちなみにお袋は儀式の後、寝込んでしまいました・・・・。

★盆踊り大会で上位独占!

 翌14日は当部落の恒例盆踊り大会が実施されます。少なくなった地元の青年団

盆踊り景品.jpg

がこの伝統行事を引き継いでくれています。他の部落ではもう見ることが出来なくなっている様です。

新盆供養で里帰りしていた叔母連中(父の妹)が、この懸賞付き盆踊り大会にすごい仮装をして繰り出していきます。いまどき踊り手など少ない時代ですので毎年、「仮装して踊ると上位入賞が十分可能・・・」とのこと。

しかしながら、今年は1位・2位を独占して帰ってきました。

帰宅後の話が弾むこと!弾むこと! 

小生は会場には行きませんでしたが、話を聞いていると「入賞を逃し、地団駄踏んで帰っていく踊り子」が目に浮かぶ様でした。

先ほど「送り火」を焚いて自宅に戻った父を見送りましたが、思い出多き「父の新盆供養」となりました。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14902298
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る