種まき完了しました。

 2019種まき  播種7日目  播種14日目  1.5葉
2019年種まき完了.jpg 7日目の苗.jpg 14日目の苗.jpg 2019-14日目の苗U.jpg

2019,04,28 18:49         フォトはクリックで拡大 

●ご報告が遅れましたが、去る4月13日に「FARM巌峯寺産コシヒカリ」の種まきを完了しております。家族はもとより親族含め9名で取り組みました。この日が「大安」ということは知っていました。お陰様で天候に恵まれ気温は高く、トラブルもなく最高の仕上がりでベストな米作りのスタートを切れました。

●播種日から一週間目、かわいい芽が出てきました。

●播種日から14日目、1.5葉となり入水しました。

●苗箱の近接フォトです。今季は水不足で移植する田んぼ作りが遅れると見ています。よって育苗期間が長引く恐れがあります、そのためハウスを開けっ放しにして徒長しない工夫が必要です。無農薬育苗ですのでこれからの雑菌管理が難しいと考えています。

畦畔塗り作業  乳酸菌作り  乳酸菌発酵液 圃場散布
畦塗り作業.jpg 乳酸菌発酵液.jpg 乳酸菌発酵液U.jpg 乳酸菌発酵液V.jpg

●一方で移植する田んぼを作ります。まずは水漏れを防ぐ畦畔塗り作業です。形成するためにはある程度の土壌内水分が必要です。今季は降雪・降雨がなくうまく仕上がりません。雨を待っていました。

●昨季の収穫後にも散布した「乳酸菌」を春先にも散布します。東北は温度が低く雑草の発芽が遅れます。乳酸菌を散布して雑草種子のアブシジン酸を刺激し早期発芽を促します。

●30℃を越して乳酸の匂いが濃くなってきました。出来は最高だと思います。

●圃場に運び入水口から流し込みたいのですが「水が出ません!」。仕方なく田んぼ内を歩き廻る羽目になりました。

一番の悩み雑草は「コナギ」です。田植え前にこの雑草を発芽させて、代掻き工程にて思いっきり攪乱出来れば・・・というイメージです。とにかく圃場内から雑草種子を減らしたく「藁にもすがる思い」なのです。

▲このページのトップに戻る