北のミサイル発射

2017,08,30 12:02ミサイル発射.jpg

 

 昨日、午前5時58分北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、北海道襟裳岬東1180km付近に落下したとのこと。

 当村には「防災無線」が各戸設置されていますが、流される情報と言えばいままでは「火災情報」程度で静かな村でした。ここ近年は「オレオレ詐欺」や「農機具盗難」といった物騒な情報も流されましたが・・・。

 それが今回は「事前通告無しでのミサイル発射情報」ということで「防災無線」の有難さを感じたところです

 東日本大震災の反省から緊急避難ということも考えられますので布団から這い出て一応、人と会っても笑われないような身支度はしました「はて、小生は何をすればいいのか?」。

 金正恩体制になって80回越えのミサイル。その父や祖父の時代にはそれぞれ「16回」「15回」でしたので5倍以上のペース、その過激さは全くの異状です。これからも日本の上空通過が続きそう。

「夜郎自大」この男の為にあることわざだと思います。陸地に打てば自国が影形も無くなることぐらいは理解しているのでしょうが、追いつめられる国民はタマッタものではありません。

 しかし、よく考えてみれば自給率39%の日本に落とされた場合、食料流通がマヒするのは必至。いや日本への輸出国に落とされても同じか?

▲このページのトップに戻る