イネは元気です。

高野水田.jpg

2017,07,23 12:09

 自宅から一番近い高野地区の田んぼです。小生自宅も見えます(右上に位置する築130年以上の赤瓦)。田植えから63日目、上下の慣行栽培水田の葉色は淡く竹緑色ですが、小生水田は濃緑色で推移しています。

 どの水田も葉色が濃いため遠くからでもすぐに見分けがつきます。今の時期、化学合成肥料では肥効が落ちることで淡くなります、中央水田の葉色は有機肥料栽培の特徴だと思っています。

 近くで見てみますと受光態勢の違いを見れます。茎が開帳型となり根元まで光を吸収できます。小生はこの立姿が大好きなのです。

つい先日の炎天下、「マグマリーン」を散布しました。マグマリーンとは海水にがりから精製された天然のマグネシウム肥料です。多種のミネラルを含んでいることで食味が非常に良く(甘く)なります。近隣農家はどなたも散布しませんがこの肥料で作物が元気になると小生は信じているのです。

受光態勢.jpg

▲このページのトップに戻る