田植え完了しました。

 フォトはクリックで拡大 

 巨大苗  頑張って根  田植え開始  支援部隊
 巨大苗U.jpg  頑張って根.jpg  2017田植え開始.jpg  支援部隊.jpg

2017,06,04 9:46

 去る5月21日〜27日に皆さんの支援を受けてどうにか田植えが完了しました。30℃越えの天候に恵まれて苗の活着も良いことでしょう。

昔から「苗半作」や「苗8部作」と言われ、苗の出来によって作柄の半分が決まるということだそうです。人間でいうところの【三つ子の魂百まで】とある意味似ているような・・・。

 育苗にはかなりの労力と情熱を注いできたつもりでいます。そしてそれに苗も答えてくれました。

4.0葉で茎が太く丈夫な苗と育ちました。特に「根」には勇気をもらいます。苗箱下方にだけでなく根が暴れまくり苗箱表面にまで張り出しています。このような苗は初めて目にしました。

 播種量は90-100gです。この量ですと圃場での欠株は殆ど見られません。過去40-60gでトライしたことがあります。5.0葉の成苗となりますがその後の補植にはずいぶん苦労した思い出があります。

 今年は播種機トラブルで少しの種もみしか播種されない苗箱が発生しました。捨てることをせずあえてプール床に移設し観察してみます。驚くことに5.5葉となりさらに第1葉と第2葉から分げつが始まったのです。まわりに邪魔する要因が無いと喧嘩も起きずノビノビと育つことを再認識した次第です。ですから現場でも田植え本数も少なく植えることを意識しています。「厚田も千石、薄田も千石」なのです。

 

さて、いつもこの時期になると思うことがあります。この「農繁期が真夏で無いこと」を感謝するのです。特に有機水田では代掻きしてから2日のうちに田植えをします。雑草より先にイネの根を張らせたいのです。この一連の作業が7月・8月だったら小生はすでに死んでいるでしょう。    またまた、そんなオーバーな!?


この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15692951
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)
▲このページのトップに戻る