2017新年のご挨拶

2017新年のご挨拶.jpg

2017,1,1 0:10

2017年(酉年)  謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


 【ツバメ】は吉兆の鳥と呼ばれています。ツバメが来る家は栄えるとか、巣をかける家には吉事があるまたは繁盛するとか、ともかく悪いイメージを持っている人間は少ないと思われます。南方から数千kmもの距離を渡り、小生宅を忘れずに来てくれるのですから本当に可愛いものです。

そのツバメも年々減少傾向にあるということはマスコミなどで取り上げられますので良く知るところです。しかしその巣立つヒナ数も減少しているということです。(村落4.28羽、都市部3.89羽とのデータ)。

 余談ですがツバメの巣を撤去すると法律で罰せられることは知りませんでした。もっともその様なことをするつもりもありませんが・・・逆に我が子を育てるために朝早くから飛び回るその姿には一種の感動を覚えるのです。2017年も家族全員でお持ちしております。「我が家の田んぼは虫だらけですよー!」


 さて、昨年はご愛顧を賜り本当にありがとうございました。今更のことですが農業は生産した農産物を誰かに買ってもらい食べてもらわなくては成り立たない産業です。当FARMが生きていけるのもお客様あってのこと。ご支持いただきましたこと改めまして心より御礼申し上げます。

農業を取り巻く環境は年々厳しさを増しています。それは就業人口にも如実に現れています。400万人の人口がたった四半世紀で190万人未満となってしまいました。そして今後も減少傾向が続きます。経営が成り立たないのが第一要因でしょう。

だからと言って「転職?」、小生の生きる道は他にはありません、というより他産業では使い物になりません。農業しか出来ないのです。

どうせやるのだったら本物を極めて見たいものです。植物の生態も知らぬ人間が大きなことを言うようですが一歩づつですが見えてきたものも数多くあります。

田んぼの生き物たちの力を借りて,全耕作地で農薬・化学合成肥料不使用の米つくりを展開し,ご支持いただける方々に高品質米を提供していく。

※「高品質」とはユーザーが決めるもの、生産者が押し付けるものではないことは承知の上で申し上げています。当農園の高品質とは「外観」「食味」は当然のこと、見えないところの「安全性」「機能性」「鮮度」も含みます。そのほかの「値段」「輸送性」「情報の伝達」などお客様が求めるすべてを指しています。

 新年を迎えまた一つ歳を取りましたが米作りに対する情熱は膨らんでいます。これが2017年念頭に考えていることです。今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

▲このページのトップに戻る